子ども日に思う | 自分なりの人生を歩むために

*

子ども日に思う

      2016/05/05


きょうは3才の孫との一日
息子夫婦2人は職業柄きょうも仕事で
孫は通常は保育園
保育園が休みのときは託児所
で時間を過ごすことが多いのです。

これでは孫が可哀想だ
と考え一日を過ごすことになりました。

特別どこかへ行った
特別何かをした
というわけではないのですが
孫は楽しそうでした。

今の時代
もろもろの理由でもって
子どもを持つことができない
ましてや孫なんて・・・
という家庭も結構あるようですし
それ以前の話で結婚でさえもできない
という人も多くいます。

こんな時代でもある今
「孫」の存在は
僕にとっては幸せだと思っています。

反面
孫が生きていくこれからの時代は
どんな時代になるのだろう?
なんてことも考えていました。

タイムマシーン

これからの時代
移り変わりのスピードが加速度的に速くなり
グローバル化がどんどん進み
結果社会全体の仕組みが大きく変わるでしょう。

ではどんな仕組みが大きく変わるでしょう?
このところお話ししてきているように
個人も組織も弱者は生きにくくなり
格差拡大が拡大すると言い換えてもいいでしょう。

こんな社会を生きていくために
何が必要だでしょうか?
僕が知っていることは伝え
不足しているものは孫と一緒に考えながら
いろいろなことにチャレンジしていくしかありません。

孫が成長していくにあたり当面
非常に重要だと思っているのは「教育」
今の学校教育では・・・

これからの時代
個人もしくは少数精鋭の組織
または
グローバル企業
の2極化の時代になると確信しています。

絶対に
「イエス・マン」になってはいけない
「趣味のない人間」になってはいけない
どちらもロボットが得意なもので
人の出る幕はないからです。

そのために
「自分の人生」を考え直す必要があります。
変わらないものは変わらない
変わるものは変わる
と。

「人生とは?」と考えたときは「これ!」です。
『人生とは何か?を教えてくれる名言24個』


ー【自分の身は自分で守る】ー
ー【明日の笑顔のために】ー

きょうも当ブログをご訪問いただきまして
ありがとうございました。


 - 今後はどこを向いていく? ,